革製品のある場所には”水とりぞうさん”禁止!

皆さんは、革製品の防カビ対策をされていますか?
革製品は湿気に弱く、湿気のある場所に置くとベタベタしたり、ニオイが出てきたり、最悪の場合はカビてしまうことがあります。
湿気対策で有効なのは除湿剤ですが、除湿剤も選んで使わないといけません。

商品名を名指しして申し訳ないのですが、湿気がしっかり取れることで有名なオカモト株式会社様の 水とりぞうさん は、絶対に 革製品のそばに置いてはいけません 
※公式サイトでも注意書きがなされています。

【オカモト株式会社:水とりぞうさん注意事項】
https://okamotozousan.com/sp/notice/index.html

なぜなら、内容成分に 塩化カルシウム という、革を溶かす成分を含んでいるからです。

【東京都立皮革技術センター】
http://www.hikaku.metro.tokyo.jp/chishiki/chishiki_qa.html

この塩化カルシウムは、空気中の水分に反応して溶解し、塩化カルシウム水溶液 になります。これが革製品に触れると(例えば倒してこぼすなど)、革が溶けたり縮んだり、最悪のケースでは割れて使い物にならなくなります

湿気対策では水とりぞうさんに限らず、塩化カルシウムを含んだものは気をつけましょう。
※市販のシリカゲルにも、微量に塩化カルシウムを含んでいるものがあります。

 

もし不安なら、バッグを購入したお店に相談してください。
万一、塩化カルシウムを革にかけてしまったら、なるべく早い対策が必要です。

まず、大量の水を含ませた雑巾などで、徹底的に水溶液を取り除きます。
よく自然乾燥させた後、革が固くなっていたら レザードレッシング を塗り込んでください。革が柔らかくなります。
もし、色落ちなどを起こしたら、 レザーインク で補色するとキレイになります。

 

それぞれアイテムの購入先はこちら。

 

レザードレッシング  レザーインク

 

PAGE TOP