雪道に革靴で歩くなら、”融雪剤”にも注意!

先月は東京でも大雪が降りました

昨日は珍しく、四国の徳島でも大雪なんだそう。今年の冬は寒いですね。。

ところで皆様、「融雪剤」というのはご存知ですか?
そう、雪に撒いておくと、雪が溶けてくれるあの白いツブツブです。
東北地方の方はお馴染みかもしれませんね。

しかし、あの融雪剤、革靴を履くならちょっと注意が必要です。
なぜなら、融雪剤は「塩化カルシウム」という成分を含んでいる場合があります。この塩化カルシウムというのは、革にとってはとても厄介な物質で、水に溶けた塩化カルシウム水溶液が革に触れると、革が固くなったり、溶けて割れしまうことがあります。

もし、融雪剤を撒いたところを踏んでしまったなら、すぐに流水で洗い流して、しっかりと水拭きしてください。色落ちが怖い場合は、専門の靴クリーニング店に預けましょう。

誤って放置してしまい、革が固くなってしまったら、「レザードレッシング」を試してみてください。

レザードレッシング

https://br-care.net/toolgoods/leatherdressing/
固くなった革が柔らかくなります。
サイズが合わない、固くて足が痛い靴にもオススメ♪

毎日とても寒い日が続いています。
インフルエンザも流行しているので、手洗いうがいなど欠かさず、この冬を乗り切りましょう!



PAGE TOP